じゃぽブログ

公益財団法人日本伝統文化振興財団のスタッフが綴る、旬な話題、出来事、気になるあれこれ。

伝統芸能界から国への「要望書案」ご賛同のお願い(新型コロナ感染拡大の現状を踏まえて)

 このところの新型コロナウイルス感染拡大の現状を踏まえて、伝統芸能界から国への「要望書案」ご賛同のお願いです。ご高覧の上、もしもご賛同いただけましたら、弊財団までメールでご送信いただきたくお願い申し上げます。

 その際には、「お名前」と「ご所属、お肩書きなど」、そしてもしも叶えば「おひと言のコメント」を、お書き添え下さいますようお願い申し上げます。お送り下さいました「お名前」「ご所属等」「コメント」は、国への要望書に記載させていただきます。(もしも匿名をご希望の場合は、お名前は伏せて提出致しますので、その旨をお書き添え下さい)

メール送信先は下記の通りです。

日本伝統文化振興財団infojapo-net.or.jp (★を@に変えて送信してください)

 

 さて、新型コロナウイルスの感染拡大に関わり、伝統芸能界に激震が走っております。先週310日、内閣官房から緊急コロナ対応策第2弾が発表されました。就学児童を持つフリーランスを含めた方々への8300円~4100円の支給を含め、様々な施策が掲載されていましたが、「文化に携わる方々」への言及は一切ありませんでした。

 いつまで続くか分からないこのコロナ問題の今後について、希望を全く持つことの出来ない、国の「無関心」と「無理解」に目を覆いました。

 このところ、伝統芸能実演家、指導者から悲痛な声が私共財団にも数多く届けられています。何か月も準備してようやく公演の日を迎える頃に、コロナ感染拡大防止のための「自粛」要請です。すべてが無駄になるのを避け、敢えて開催の道を選べば「常識のない、不届きな輩」と非難されるのは、現状では必至です。

 もちろんこれは「洋楽」「洋舞」「ポップス」「ロック」にも全く共通する事象です。演劇界からは、いち早く野田秀樹さんが声を挙げられたことが報道されました。

 しかし、ふだんからほとんど「報道」や「放送」に取り上げられる機会のない伝統芸能はどうでしょうか。公演の大小に関わらず、心血を注いで準備を進めていた会が、次々と中止、延期に追い込まれています。その費用は、その努力はいったい「どこが」「誰が」保障し、評価するというのでしょうか?

 オーバーでなく、この状況がこれから半年以上続けば、もう、戻れないギリギリのところで頑張っていた実演家、指導者の方々は、ただでさえ指導者も指導を受ける側も極めて高齢化している現状の中で、生活の糧を失い、細々と続けられてきた、かけがえのない「私たちの国の伝承」と「未来への継承」のチェーンが途切れてしまう、実に由々しき事態を目前にしています。

 半世紀近く、伝統文化の音と映像の世界に身を置いて参りましたひとりとして、本当にやむに止まれぬ思いで、約100名の方々と団体に「国への要望案へのご賛同のお願い」を先週末に発送しました。

 もとより国への要望書など作成したことがありませんので、全く不十分な文章ですが、末尾に添付しますので、ご高覧いただければ幸甚です。

 当初は319日の提出を予定しておりましたが、昨日17日に芸団協(日本芸能実演家団体連絡協議会)が国に対し、「新型コロナウイルス感染拡大防止による公演の中止等に伴う支援について要望書」を提出されました。

www.geidankyo.or.jp

 ここには、1 公演に携わる企業・団体等への支援、2 実演家・スタッフへの支援、そして、3 国民の鑑賞機会の回復に向けて、の3項目が記されています。ただ、伝統芸能に携わる方々の「悲痛な声」は、まだ十分に届けられていないと感じました。

 私ども財団は「伝統を未来に・・」という思いをずっと持って活動して参りました。そして今、「伝統を明日へつなげる」、そのことが本当に危機を迎えていると考えています。

 これまで、伝統文化、伝統芸能に携わる方々のおひとりおひとりは、声を上げて来られなかったように感じています。今、たくさんの声を集めて届けなければ、と切に願っています。

 取り急ぎ、長々と失礼しましたが、趣旨お汲み取りの上、ご賛同を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

 

公益財団法人日本伝統文化振興財団 理事長 藤本 草

 

f:id:japojp:20200318184631j:plain

f:id:japojp:20200318184651j:plain

f:id:japojp:20200318192016j:plain

 

第74回文化庁芸術祭賞贈呈式・祝賀会

 2020年2月13日(木)、東京早稲田のリーガロイヤルホテル東京で令和元年度(第74回)文化庁芸術祭賞の贈呈式が行われました。

 当財団はCD「野澤徹也/杵屋正邦作品集」で、レコード部門の優秀賞を受賞しました。前年のCD「真言宗 豊山聲明 二箇法用付 大般若転読会」大賞に続く受賞です。

  贈呈式では、上野通子文部科学副大臣から当財団の藤本草理事長が表彰を受けました。

f:id:japojp:20200214210622j:plain

贈賞理由などはこちらの記事をご覧ください。

 続いて開かれた祝賀会では、文化庁宮田亮平長官の乾杯の発声を合図に、各部門の受賞者や関係者が和やかに懇談しました。

 この日は受賞CDの演奏者、野澤徹也さんが夫妻で参加しました。夫人の野澤佐保子さんも「箏・三絃二重奏曲」の箏でこのCDに参加しています。

f:id:japojp:20200214210714j:plain

 野澤さんの三味線の恩師にあたる西潟昭子さん、巻頭言を寄せた音楽評論家の石田一志さん、曲目解説の森重行敏さん(洗足学園音楽大学現代邦楽研究所所長)も出席し、制作関係者一同で記念写真に収まりました。

 

 また今回、音楽部門では山田流箏曲演奏家の萩岡松柯さんが「第四回 萩岡松柯リサイタル」(2019年10月21日、紀尾井小ホール)で新人賞を受賞し、「天賦の才能と確かなテクニック、幅広い素養、探求心が一つの形を成したものといえ、将来への大きな期待を確信させる成果を挙げた。」と評価されました。

f:id:japojp:20200214210802j:plain

 萩岡さんは昨年の第23回日本伝統文化振興財団賞の受賞者。一緒に芸術祭賞をお祝いできたのはうれしいことでした。ますますのご活躍を願っています。

(Y)

「野澤徹也/杵屋正邦作品集」文化庁芸術祭(レコード部門)優秀賞受賞!

 昨年9月25日に当財団から発売したCD「野澤徹也/杵屋正邦作品集」が、令和元年度(第74回)文化庁芸術祭のレコード部門で優秀賞を受賞しました。

 三味線演奏家の野澤徹也さんが、現代邦楽の作曲家、杵屋正邦(1914-1996)の作品を演奏したCDです。

f:id:japojp:20200131200713j:plain

f:id:japojp:20200131200736j:plain

優秀賞の受賞理由は次のとおりです。

文化庁芸術祭 優秀賞受賞理由]

杵屋正邦は、長唄三味線の演奏家・作曲家であり、三味線のほか箏や琵琶、合唱曲など千数百の作品を残している。本CDは、代表的な三絃(三味線)作品8曲を選ぶ。主演奏者の野澤徹也は、特定流派に属さず幅広く活動している。同人の日頃の演奏活動を生かした精緻で高い技量の演奏により、現代邦楽のCDとして高い完成度を示した。

  ブックレットの巻頭言で音楽評論家の石田一志さんは、「膨大な杵屋正邦作品のなかでも・・・(中略)・・・代表的な三絃作品の数々を巧みに選曲したこのアルバムは、現代邦楽のパイオニア杵屋正邦さん独特の決然としてかっこ良い音楽の再興の契機になるかもしれない。」と結んでいます。

 ブックレットには森重行敏さん(洗足学園音楽大学現代邦楽研究所所長)の曲目解説のほかに、「演奏者より」として各曲について野澤さんの思いが綴られています。

 そのなかには「・・・私の演奏している動画がYouTubeにアップされており、学生邦楽の三味線の人たちには憧れをもって試聴しているらしく、それを見て演奏にチャレンジする人が多いようで嬉しく思っています。」(三絃独奏曲「風」)とか、「・・・この曲は地歌三絃指定のせいか、全国の箏曲系の社中や学生などがよく演奏しているので、お手本となるような演奏を心がけました。」(地歌三絃二重奏曲「花簪」)といったコメントもあり、学生やアマチュア演奏家にも杵屋正邦作品は今なお人気が高く、それも意識しての演奏であることがうかがわれます。

 珠玉の杵屋正邦作品の、異次元の演奏力によるもっとも新しい録音を、多くの方々にお楽しみいただきたいと思います。

 (Y)

「伝統を未来に・・・」2020

f:id:japojp:20191227195348j:plain

旧年中はたいへんお世話になりました。

本年も日本伝統文化の振興と発展を願い、日本伝統文化振興財団賞・中島勝祐創作賞の贈呈式、ビクター名流小唄まつり第六十回記念公演(七月)などの開催を予定しております。

変わらぬご支援ご協力のほどお願い申し上げます。

 

      令和二年元旦

       公益財団法人日本伝統文化振興財団

               理事長 藤本 草

 

 

第59回ビクター名流小唄まつり、最後の市丸賞

今年も恒例の「ビクター名流小唄まつり」が、7月9日(火)と10日(水)の2日間にわたり、東京日本橋三越劇場で開催されました。

f:id:japojp:20190730191706p:plain  

昭和、平成、令和と受け継がれてきた小唄まつりも、このたびで59回を数えました。2日間で約140番の小唄が披露され、出演者は200名以上にのぼりました。

全体は三部構成になっていますが、第一部では優れた演奏をした方に、ビクター専属芸術家として活躍された市丸師の名を冠した奨励賞を贈り、顕彰しています。各日、市丸賞の受賞者に賞状、記念品と賞金が贈られました。結果は次のとおりです。

「第59回 ビクター名流小唄まつり」

 

1日目(7月9日)【市丸賞エントリー5組】

ビクター小唄奨励賞 市丸賞

 花菱 朝佳 (糸:花菱 は満朝)

 曲目 「山中しぐれ」 

ビクター小唄奨励賞 優秀賞

 春日 とよ和子和 (糸:春日 とよ和乙子)

 曲目 「雪の夜語り」 

 

2日目(7月10日)【市丸賞エントリー6組】

ビクター小唄奨励賞 市丸賞

 長生 恭帆 (糸:長生 松代)

 曲目 「山中しぐれ」

ビクター小唄奨励賞 優秀賞

 松峰 弥生乃 (糸:松峰 照)

 曲目 「髪結新三」「水の深さ」

f:id:japojp:20190730192154j:plain 花菱朝佳さん

f:id:japojp:20190730192302j:plain 長生恭帆さん

来年は60回の節目を迎えるにあたり、「ビクター名流小唄まつり 第60回記念公演」を国立小劇場で開催する予定です。2020年7月11日(土)、12日(日)の2日間です。これをもって小唄まつりもグランドフィナーレとなります。詳細が決まりましたらお知らせしますので、皆さまぜひご来場ください。

またそれに伴い、市丸賞の顕彰は今年かぎりとなりました。偶然のことながら、市丸賞のお二人とも「山中しぐれ」を唄っての受賞。市丸さんが開曲したといわれる、ゆかりのある曲で締めくくる形になりました。最後の市丸賞を受賞されたお二人のますますのご活躍を願っています。

(Y)

2019年日本伝統文化振興財団賞・中島勝祐創作賞贈呈式

2019年7月1日(月)、第23回日本伝統文化振興財団賞と第8回中島勝祐創作賞の贈呈式が、東京都千代田区の紀尾井小ホールで行われました。

f:id:japojp:20190718174548j:plain

第23回日本伝統文化振興財団賞の受賞者は山田流箏曲萩岡松柯(はぎおかしょうか)さん、中島勝祐創作賞は「狐狸廓化競(こりさとのばけくらべ)」を作曲した東音 高橋 智久(とうおん たかはし ともひさ)さんです。

贈呈式では、当財団の藤本理事長の挨拶の後、来賓の平山直子文化庁文化財第一課長が祝辞を述べられました。

それぞれの表彰、花束贈呈と続き、受賞者のご挨拶がありました。

 

f:id:japojp:20190718175422j:plain 萩岡松柯さん

f:id:japojp:20190718175809j:plain 東音高橋智久さん

 

贈呈式に続いて、両受賞者の記念演奏が披露されました。

萩岡松柯さんの記念演奏は山田流箏曲「熊野(ゆや)」。助演は萩岡松韻さん(箏)、鈴木厚一さん(三弦)、福原徹彦さん(笛)です。

f:id:japojp:20190718180149j:plain

 

東音 高橋 智久さんは自身の三味線で、受賞作品の「狐狸廓化競」を披露されました。f:id:japojp:20190718180349j:plain

 

詳しいレポートは、後ほどHPにアップいたします (Y)

じゃぽキッズ運動会 平多先生の新聞記事掲載

先日、「じゃぽキッズシリーズ」を手掛ける平多公了・達樹先生の記事が、
聖教新聞に掲載されました!
平多先生の、子供たちのダンスにかける思いが伝わってきます。
多くの方に伝えたい内容なので、新聞社の方の許可を得て、記事を転載いたします。

f:id:japojp:20190531102455j:plain

聖教新聞(令和元年5月8日発行)

そんな素敵な平多先生の手掛ける
「じゃぽキッズ運動会」シリーズは、好評発売中!

楽しくてわかりやすいと大好評!お一人からでも気軽に参加できる
【講習会】も、全国で開催中です!

 

大ヒット曲「カミナリ体操」
金太郎、桃太郎、浦島太郎が登場する「体操むかしばなし」

クイーンの「We Will Rock You」を連想させる「エビバディゴー!運動会」も収録です!試聴できますので、聴いてみて下さいね!

 

平多達樹先生の講習会ブログも更新中です!ぜひチェックして下さい!