じゃぽブログ

公益財団法人日本伝統文化振興財団のスタッフが綴る、旬な話題、出来事、気になるあれこれ。 https://jtcf.jp

2018年日本伝統文化振興財団賞・中島勝祐創作賞贈呈式

第22回日本伝統文化振興財団賞と第7回中島勝祐創作賞の贈呈式が、2018年7月19日(木)、東京都港区の八芳園で行われました。
今回の受賞者は、日本伝統文化振興財団賞が新内節の新内多賀太夫さん、中島勝祐創作賞は「那須与一弓矢誉(なすのよいちゆみやのほまれ)」を作曲した鶴澤津賀寿さんです。鶴澤津賀寿さんは女流義太夫の三味線方として第4回日本伝統文化振興財団賞を受賞していますので、初のダブル受賞となりました。

贈呈式では、当財団の藤本理事長の挨拶の後、来賓の山崎秀保文化庁文化財部長が、宮田亮文化庁長官の祝辞を代読されました。

表彰の後には、両受賞者の記念演奏がありました。
新内多賀太夫さんは新内節の名曲「蘭蝶」の「四ッ谷」から。

鶴澤津賀寿さんは受賞曲「那須与一弓矢誉」を。

それぞれ人間国宝の新内仲三郎さん、竹本駒之助さんを助演にお迎えして、贅沢な披露演奏となりました。お二人のますますのご活躍を願っています。

なお、今年は当財団が設立されて25年にあたることから、贈呈式に引き続き、八芳園内で「日本伝統文化振興財団創立二十五周年を祝う会」が催されました。
詳しくは、後ほどHPにレポートをアップする予定です。

(Y)