じゃぽブログ

公益財団法人日本伝統文化振興財団のスタッフが綴る、旬な話題、出来事、気になるあれこれ。 https://jtcf.jp

日本伝統文化振興財団創立25周年のご報告

平成30年(2018年)も残りわずかとなりましたが、本年は当財団にとって創立25周年の記念の年でした。
7月19日には「日本伝統文化振興財団創立二十五周年を祝う会」東京港区の八芳園で開かれ、発起人の皆さまの呼びかけに、大勢の方々が駆けつけてくださいました。これまでの当財団の記録として「日本伝統文化振興財団二十五年のあゆみ」と題する小冊子を作成し、お配りすることもできました。
また11月6日には東京千代田区紀尾井ホールで、創立25周年の記念事業として主催公演「伝統芸能の現在と未来〜古典継承の最前線を聴く〜」(文化庁芸術祭協賛、公益財団法人新日鉄文化財団助成)を開催しました。当日は彬子女王殿下のご臨席を賜り、また二十数か国の在日大使館から海外外交官が出席されたのをはじめ、たくさんのお客さまがお越しくださり、日本伝統文化振興財団賞受賞者の方々を中心とするすばらしい演目の数々をお楽しみいただきました。
 プログラム

「じゃぽマガジン」に公演レポートを掲載しましたので、詳しくはこちらをご覧ください。
「伝統芸能の現在と未来〜古典継承の最前線を聴く〜」(1)
「伝統芸能の現在と未来〜古典継承の最前線を聴く〜」(2)
そして年の暮れになって、25周年を締めくくるうれしいニュースが飛び込んできました! 当財団が企画・制作した2枚組のCD「真言宗 豊山聲明 二箇法用付 大般若転読会(しんごんしゅう ぶざんしょうみょう にかほうようつき だいはんにゃてんどくえ)」が、平成30年度(第73回)文化庁芸術祭レコード部門で大賞を受賞したのです。

受賞理由は次のとおりです。

文化庁芸術祭レコード部門大賞受賞理由】
大般若転読会は1966年国立劇場開場記念公演にも取り上げられ,経典を空中に翻す華麗な所作が印象深い。この法会を,真言宗豊山派長谷寺に伝わる次第に基づいて声明公演用に再構成し,圧倒的な音声の力が醸成する神髄を耳から体感できる形に仕上げた。迦陵頻伽聲明研究会が豊山声明の発信と次世代への継承をめざした渾身の新録音。

「二十五年のあゆみ」で確認したところ、当財団が大賞を受けるのは25年の歴史のなかで4回目となりますが、記念の年に最高の賞をいただくのはことのほかうれしく、スタッフ一同、感激も一入です。
「圧倒的な音声の力が醸成する神髄を耳から体感できる形に仕上げた」と評価された大迫力の声明を、ぜひお聴きいただきたいと思います。→真言宗 豊山聲明 二箇法用付 大般若転読会
25周年の年をこのような形で無事に終えることができますのも、ご支援ご協力くださった多くの皆さまのおかげと心から感謝申し上げます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

(Y)